天王星の前触れ

今日は、京都での対面セッション。

最近は、フラワーエッセンスのセッションも多かったので、

ホロスコープ・リーディングを中心としながら、

コーチング・セッションを行うという予定だった。

 

でも、彼女が希望していたのは自給自足的な暮らし。

私もここ数年、少しずつ模索してきたことでもあり、

結局、そちらのコンサルテーションが中心に。

農学校に行ったり、菜園を借りたりで、

自分の中にも少しずつ農的な感覚というものが育っているんだな。

 

私自身は、住宅街の中で借りているので、

自給自足的にはほど遠いけれど、

それでも年のうち半分くらいは野菜を買わないで過ごせた。

私たちにとって、それはとても大きいこと。

 

関西で行ける農や移住のフェア、費用抑えめの無農薬の教室、

畑付きの物件を紹介してくれそうな不動産屋さん、

自給自足について詳しく教えてくれる、自然栽培のバイブル的な本。

この3年ほどの私の蓄積をぜんぶシェアした感じだった。

ムックが一冊作れそうなくらい、取材内容が溜まっている。

 

来月からのおうし座の天王星のビジョンを受け取っているのだけど、

まだまだ準備やリサーチが足りないということを彼女もわかってくれた。

私の話があまりに具体的なので、驚いてはいたけれど。

 

天王星の前触れのようなセッションでした。

いろいろ行動して、変わっていけますように!